隠すの大好き旦那様の墓穴

5歳年上の夫は様々な物を隠します。


「ゴミはゴミ箱!」と遠い過去に叱ってからはクッションの下やラグの下、布団の下に外したコンタクトレンズやティッシュ、iQOSの吸い殻や掃除した後の綿棒などが出てきます。


「またそんなところに隠して(笑)」と話すと、夫はいつも「隠してるんじゃない!たまたまこの隙間に入り込んで見えなかっただけだ!捨てようと思っていたんだ!」と自己弁護のために饒舌になります。
布団の下や枕の下に、iQOSの吸い殻を隠されると臭いが移って仕方ありません。


コンタクトレンズをラグの下に隠されるとへばりついて剥がれなくなって困ります。


私はコンタクトレンズを付けないので使用済みのコンタクトレンズは気味が悪くてできれば触りたくないのでいくら頼んでもゴミ箱に捨てる事ができません。
一度、注意に注意を重ねていると怒った夫がポケットからあらゆるゴミを出して「全部捨てればいいだろ!」とゴミ箱ではなく私の手にゴミを捨てました。
その中には、ラブホテルの領収書が…しかも遠い京都のレシートもきちんと食事二人分記載されているものを渡されました。


こんなものまで隠していたのか…とうんざりしていると仕事中の夫から電話が入り「朝渡したレシートは友人のだ!友人がポイ捨てしないために俺が貰ったんだ!」と饒舌に…。


「それすら隠すのか…」の呆れ果てた私は怒る気にもならずそのレシートを捨てずに保管しましたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です