マザコン夫と銀婚式を迎えて

とうとう25年。よくぞ持ちこたえてくれたよね。
自分で自分を、褒めてあげたい。


とにかく、何をするにもママの影がついてくるのです。
知り合いの紹介で出会って、お互い周りからも「そろそろ結婚を」と毎日呪文のように言われ続け、うんざりしていてところに紹介してもらったので、まあ、渡りに船とでもいいましょうか。
特に不満に思うところもないかなと思い込んで、即決でOKとなった次第で。
両家の両親ともやっと片付いてくれたと、こちらも即決でOKとなった。
彼は、両親との同居を希望していて、いづれ子供が生まれたときに助かるからという甘い誘惑になんのこだわりもなく承諾させられていた。マザコン夫の正体は、すぐにバレていた。
何かにつけママがいないと何も決められず、何も行動することができず、常にママの顔色をうかがっているのだ。

新婚旅行から帰った日の夜のこと、私の実家に顔見せがてら泊まりに行くと二人で決めて、それを姑に話したら、なんだかキレられてしまった。
「私になんの相談もなく、事後報告なの」と言われ、カチンときたがここで口論してももう決めたことだからと、内心夫がうまく姑に話してくれるだろうと思っていた。


それなのに「それもそうだよな。実家に行くのは、また今度にしよう」と言われ、ハア!!なに言ってんのこの人は。


呆れるやら悔しいやらで、ママの一言でコロッと態度が変わっちゃうんだ。


わかりました。勝手にしろ!!


それから25年。ママとの関係はヘイコウセンのまま。
どこへ行くにもママといっしょ。


新婚時代にマザコン夫に愛想が尽きてから、私はコイツラには絶対にふりまわされないぞと固く誓って、離婚することなく今に至っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です